アクセスカウンタ

はしこの部屋

プロフィール

ブログ名
はしこの部屋
ブログ紹介
仕事、歌、ときどきピラティスとランニング。
趣味はコーラス、旅行。最近はピラティスやランニングで体力づくり。
日常の生活で思った事や出来事を綴っています。
読み終わったら、是非気持玉をぽちっと押してください。
コメントも大歓迎です♪


←幼き頃のワタクシ
zoom RSS

上野公園にて

2015/05/17 13:38
画像
今日は、昔の上司が出展している日本画院展を観に、上野まで行ってきました。
私自身は日本画については全くの無知なのですが、どの作品も生き生きしていて素敵だと思いました。
著名な画家の作品よりも身近に感じるのは何故でしょうね?選んでいるテーマが身近だからかな?


そして、上野駅に向かう途中片隅で盆踊りを踊る集団がいました。
腰を振ったりして振り付けはノリノリなのに、何故か無表情。
そのアンマッチが印象的でした。

曲が終わると、踊り手の皆さん微笑んでいました。ますます不思議。
そんな上野公園でのひと時でした。
日曜の上野は本当に混んでいますね!

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


シンガポール ふぉとぎゃらりい

2015/04/30 21:29
画像
2年ぶりにシンガポールへ出張する事になり、行ってきました。
今回は、12日間と割と長めの滞在だったので、週末はゆっくりと現地を楽しむことができました。
シンガポールには10回以上きた事があるのに、飽きもせずマーライオンの写真を撮ってしまう私。。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


奄美観光桜マラソン 「さよならパーティー」

2014/04/22 18:44
春ですね。桜も散りました。

奄美のマラソンの「さよならパーティー」の話を書くと宣言しながらまた月日が経ってしまい、
その間に私は、ハーフマラソン x 2とフルマラソンx 1をこなすというマラソン気違いのような生活をしていました。
そう、フルマラソン完走したんです。やっほーい!!
昨年の無念の時間切れから何とかリベンジする事ができました。

という話は、おいといて。

奄美観光桜マラソン「さよならパーティー」です。
このマラソンに申し込む際に、「送迎バスサービスの要否」などの詳細と合わせて「さよならパーティーへの参加」という項目がありました。
他のマラソンでは目にしたことのない項目でしたが、それがなんだか新鮮に思えたので参加してみる事にしました。
会場は、奄美市内の宴会場(その名も「あまかん」)。
「さよならパーティー」というネーミングから、一体どのような趣向のパーティーなのか、と思っていましたが
行ってみると何のことはない、それは大会運営関係者向けのお疲れ様会(=打ち上げ)でした。
ランナーの参加者は恐らく全体の5%くらい?
とはいえ、入り口でくじ引きを引き、はずれなしの景品が当たったり(私は大島紬のネクタイが当たりました。そこそこ高価なので、パーティー参加費の元は取れたように思います♪

その後、挨拶につづいて飲食。奄美なので、もちろんお酒は黒糖焼酎が中心。
クルマだったので飲めなくて残念でした・・。
お料理も、豚足があったりして南国感にあふれていました。

ここまでは、普通の立食パーティーなのですが、違ったのは「余興コーナー」。
「地元アイドルを目指す」小中学生の女の子3人組が出てきて、お歌を披露。

画像


彼女たちは、マラソン大会のマスコットであるさくランナちゃんのテーマソングも歌っていました。
こちらで聴けます)

リアル地元アイドル(を、目指しているらしいが)を見たのは初めてで、食い入るように見てしました。
いつのか全国区で活躍する日も来るかもしれません!?

彼女たちのパフォーマンスが終わった後は、またまたくじ引きタイム。
ターゲットは、またもや(?)完全に地元民なのか、賞品は奄美―大阪、奄美―鹿児島の航空券プレゼント。
当たった人たちは、とても喜んでいました。

普通、これでお開きモードへ行くと思うのですが、なんと、この後
「それでは、余興の第二部です」とのアナウンスが。

そして、入り口からこんな集団がぞろぞろと踊りながら入ってくるではないですか。

画像


地元の民謡団体?「あらしゃげ会」の皆さんでした。なんか楽しそうで、会場のお客さんと一緒に踊り始めています。
なんだかエンドレスな予感がしてきましたので、ここで失礼する事にしました。何時までやっていたのかな?
奄美の人は、宴会好きなんですね。とても楽しそうでした。

おお!そうです。
写真は撮らなかったのですが、途中で元武蔵丸関も飛び入りゲストとしてやってきました!
彼は奄美大島には頻繁にやってくるようです。
Wikiによると、西郷隆盛に容貌が似ているので(笑!)鹿児島の人にはとても人気があるとの事。
なんて単純な!まあ、もちろん似ているからだけではなく人柄も愛されているのでしょうが。

と、こんな感じで思ったよりも発見が沢山あり、とても楽しめた「さよならパーティー」でした。
アットホームな、奄美、いいですネ!
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


奄美大島へ

2014/02/05 08:39
画像

先週末、奄美観光桜マラソンに参加するために奄美大島へ行ってきました。
そう、もう桜が咲いているんです。
緋寒桜です。濃いピンクがきれいです。

去年、大島紬を購入した事もあり現地を訪れるのをとても楽しみにしていました。

お宿は、島の北部にあるリゾートホテルの「ティダムーン」(ティダとは、奄美の方言で太陽という意味だそうです)。
ここには、大島紬美術館も併設してあり見学させて頂く事が出来ます。
もちろん、見学致しました。高価な大島紬の着付け体験もさせて頂きご満悦。

肝心のマラソンですが、この日は24-25度まで気温が上がり、ジリジリと照りつける太陽の光を浴びながらサトウキビ畑のそばを走りました。ざわわ、ざわわ…。
奄美はまさしく南国。
マングローブの原生林だってソテツだってあるんです。



振り返ってみると、奄美の素朴な雰囲気と豊かな自然など見どころ満載なコースのですが、走りは本当にキツかった!
なんで走っているのかしら、と(毎度ながら)思いました。
レースは、毎回がチャレンジです。
今回、マラソン終了後に「さよならパーティー」なるものに参加してみました。大会運営側のスタッフ向けのもののような雰囲気ではあったのですがこれが意外と楽しかったので、次回の投稿はパーティーのレポートを書きたいと思います。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


北イタリア旅行記その2 - ヴェローナ(野外オペラ)

2013/10/03 07:56
忘れたころに、イタリア旅行記です。

モザイクと捻挫の思い出を後に、ラヴェンナから次に向かったのは、古都ヴェローナ
ちょうど音楽祭が開催されている時期だったので、アレーナで行われる野外オペラのチケットを予め購入しておいたのでした。
今年はヴェルディ生誕200年、ということで演目もヴェルディ尽くし。アイーダ、椿姫、ナブッコ、etc., etc...
日程の関係で、「アイーダ」を観ることに。
開演時刻は、21:15なのでホテルに到着後一休み。本当は、睡眠をとりたかったのですが足が痛くてほとんど眠れませんでした。(T-T)
ホテルのフロントにアイシング用の氷をもらって、いざ、アレーナへ。ヴェローナ駅からバスで5−10分です。

画像


おお〜。なんか、いい雰囲気♪
こういうディスプレイを見ると、気分も盛り上がります。何か有名な作品からの場面なのでしょうか?よくわかりませんが。

購入したチケットは、舞台から向って右手のやや上の方。石段に何時間も座り続けるのはかなりきついと思われたので、ちゃんとした椅子席を予約しました。
料金は、日本円で17,500円くらいでした。正面の席だともっと高いです。石段の上の方だと、もっと安いです。
ウェブサイトから直接購入したのですが、選択した席から見える舞台のイメージ画像も事前に見る事が出来ますし、購入は割と安心して行う事が出来ます。追加で2,000円程払うと、事前に郵送でチケットを送ってくれます(余談ですが、不在通知の用紙に「イタリア様からお荷物をお預かりしております」とありました。イタリア様って・・・)。
当日バタバタと引き換えをする必要もないので、この方法をとって正解でした。

中へ入ると、床も赤いシートが敷いてあり、劇場チックな雰囲気満々。
盛装した人々も多数。すごーい。ゴージャスな感じです。

画像

オケピがよく見える席でした


画像

タキシード姿で、スパークリングワインを買いにきた人


そして、いよいよ開演。
アイーダは、全4幕なのですが、オペラって1幕ごとに休憩が20分も入るのね・・・。

画像

幕間の会場の様子


他のオペラに比べたら、割と短い方なのかもしれませんがこの休憩のおかげで、全てが終わったのは、01:30ごろでした。
これはつらかったっす。途中、3−4回は意識を失っていたと思われます。他の観客の皆様はどうかしら、と眠気をごまかすためにきょろきょろと見回すと、あくびをしている人はちらほらといましたが、眠っている方はいませんでした。みんなえらい!!!!(あたりまえ?)
日本で、オペラを見たりすると眠っている人がたまーに?いや、必ず?いますよね。

画像

カーテンコール


まあ、それはともかく、野外オペラはすごく素敵な体験でした。足の痛みが無ければもう少し楽しめたのでしょうが(しつこい?)。
この時期にヴェローナに行く方は、是非オペラへお出かけください。しっかりお昼寝をして。

今回のヴェローナ滞在は、これだけだったので街は全く見ませんでした。
以前来た時にジュリエッタの家などには行った事があったのですが、またゆっくり散策してみたかった気もします。落ち着いていてよい街です。
そういえば、ヴェローナに来たのは2回目だったけど、この街のレストランには1回も入った事が無い事に気づきました。次にいく機会があったら、グルメも楽しもうと思います!

おまけ。
オペラ上演後のアレーナ。ライトアップされると本当にきれいです。
画像


気持ち玉&コメント大歓迎!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


ニューヨークで何食べる?

2013/09/14 13:00
画像

さて、いくら弾丸出張とはいえ、せっかくニューヨークに来たのだから東京ではあまり食べられないものを食べたいものだ。。。

なんて思いつつも、到着日の夜はグランドセントラル駅のコンコースで、シュウマイオレンジ
翌日の昼は、プレゼン直前だった事もあり、軽めに寿司(笑)。あー、お寿司がユニバーサルフードになりつつあって本当に助かりました。
同行してもらったUSのスタッフは「おいしー!」と喜んでいました。
彼は普段フィラデルフィアにいて、そこではあんまり食べられないそうなんです。
自宅勤務なので、街に出ることも少ないのでしょう。
マンハッタンなら、ぷらぷら適当に歩いていても結構な確率で日本食レストランが見つかります。
嬉しいです。
まあ、巻物は日本のものとはちょっと違いますけどね。
せっかくなので、スパイシーツナロール、食べてきました。

その日の夜は、同僚とヤンキースタジアムで野球観戦をしながらホットドッグ
驚くほど美味しくありません。食べられないわけではないけど、美味しくない(苦笑)。
街中のスタンドで売っているホットドッグの方がよっぽど美味しい気がします。

そして、最終日ですが時間に余裕があったので、昔のオフィスの近くにあるキューバ料理のお店に行くことにしました。
たまにここでサンドイッチをテイクアウトしてオフィスで食べたものでした。
日本では、ほとんど口にする事のないキューバ料理。
肉が多いんですが、ちょっとスパイシーなソースが美味しいんです。

私が今回頼んだのは、キューバンサンドイッチ

ハムとローストポークを挟んであるボリューム満点のサンドイッチです。美味しかったー。そして懐かしかったー。

もし、ニューヨークへ遊びに行かれる機会があったら、是非行ってみて下さい。
Cafe Habana

17 Prince St, New York

画像

気持玉をポチッとお願いします!
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


あり得ない?忘れ物

2013/09/12 13:30
画像

弾丸出張だったので、とっくに帰国していますが、ニューヨーク出張の話の続きです。
今回は、製品デモのためはるばる日本からやってきたわけだったのですが、ホテル到着後軽い夕食を済ませ、翌日の準備をしていた時に、プレゼン時に着ようと思っていたシャツをスーツケースに詰めるのを忘れている事に気づいたのでした。アイロンまでかけたというのに。
ピンチです。
それ以外に持参した服はカジュアル過ぎて初めてお会いするお客様の前ではとても着れません!

2-3回程スーツケースや他の鞄の中を捜索した後、ようやく次の手を考えはじめました。
案一: 現地調達
案二: 持参しているシャツで代用。ただし、全体的なちぐはぐ感は否めず

この二択のうち、やはりベストは現地調達と思い、早速ネットで検索したところ、日本の鎌倉シャツのニューヨーク店が9時から開店している事が判明。
しかもホテルから近い!
品揃えは紳士用中心のようだけど、もしかしたら女性用のものもあるかもしれないので賭けてみる事にして
その日はとりあえず就寝しました。

翌日、街に出てみると紳士用の洋服屋さんは朝の9時から開店しているのですが、婦人用は10時開店のところばかり。
鎌倉シャツの店もチラッと外側から見ましたが、婦人用商品を置いてある雰囲気は漂ってきません。

諦めかけてホテルへ戻ろうとしたところ、ホテルから通りを一本挟んだところにJ.CREWを発見。
9時からやってる〜!
入店。
店員さんとの挨拶もそこそこに開口1番「婦人用のシャツありますか?」

そして、あったんです!
やっほーい!
早速お買上げして急いでホテルへ戻り、着替えてすぐに同僚と待ち合わせしていたロビーへ。
なんとかその日の仕事がスタートする前に事なきを得ました。

なんて綱渡りなんでしょう。
J.CREW様様です。
この白シャツ、大切に着るわー!!!
そして、忘れ物には気をつけます…。と言い聞かせてもまたすぐやっちゃう(ていうか、既にやった)んですけどね。


気持ち玉をポチッとお願いします!
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


5年ぶりのNY

2013/09/03 12:07
5年9か月ぶりにニューヨークにやってきました。
3泊5日のタイトスケジュール。
来た甲斐がある出張になればよいのですが。。。

なのに、大事な忘れ物をしてきてしまいました。
何を忘れたのか?明日を無事乗り切ったら、ご報告します。
やっぱり、何事も余裕が大切ですね。

余談ですが、入国審査の際私の前にいた韓国人カップルは本当に楽しそうで、指紋をとられる時さえ、ニコニコしていました。
続いて私。ビジネスライクな笑みに、審査官は「今回の所用は?仕事?あー、そんな感じだね」とな。

もー。ほっといて!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北イタリア旅行記その1 - ラヴェンナ

2013/09/03 08:09
さて、まずはイタリア北部の町、ラヴェンナ(Ravenna)です。
ヴェネツィアからは、ボローニャ経由で約3時間(鉄道)。
最初の移動だけはチケットを予め予約しておこうか、と思い日本にいる時にネットで予約した・・・つもりだったんですが┐(´-`)┌

なんと、日付を間違えて購入していました

ショック!こんなミス今までやったことないよ〜〜。
しかも、それに気づいたのは電車に乗り込んで指定席まで行ってから。正確に言うと、駅員さんに問い合わせて、切符を見せて "Which Date?"と言われてから。
ああ、なんてダメダメなスタートなんでしょう。。

結局どうしたかというと、その場でチケットを発行してくれるというので購入する事にしました。
すごーく高くついちゃったけど (ToT)、でも他に方法ないから仕方ない。
若干、気分が落ち込みつつも無事ラヴェンナに到着しました。
無事ホテルを探し当て、チェックイン。ラヴェンナには一泊しかしないので、さっそくモザイクを観に行こう、ということで部屋を出てロビーへ向かう途中に・・・

転んで、捻挫しました

なぜ転んだのか?
一瞬の出来事だったのでよく覚えていないのですが、何もないところで一人で突然転んだわけではない、という事だけは明言させてください。

前段がすっかり長くなってしまいましたが、ラヴェンナと言えばモザイクです。
主に5-6世紀に建てられた教会や廟の中にすんばらしいモザイク壁画があるのです。
例えば、こちらのガッラ・プラチーディアの廟 (Mausoleo di Galla Placidia)ですが、外観はこんなにシンプルな感じなのに

画像


一歩中へ入ると、

画像


ズームしてみると、

画像

「よき羊飼いの図」

と、なんとも精巧で美しいモザイクが目の前に表れるのでした。
こんな感じの教会がいくつもあるのですが、共通券で5-6か所を巡ることが出来ます。
モザイクは、ラヴェンナのシンボルでもあるようで、通りの名前の看板にもモザイクが施されています。
また、車両禁止の道が多いようで自転車での移動をしている人が本当に多かった!
自転車で街を巡ったら、これもまた楽しいでしょうね。

そして、おそらくもう一つの見どころは、ダンテのお墓。
名前は聞いたことありますよね、ダンテって。作品を読んだことはありませんが(-_-;)
ここラヴェンナで亡くなったそうです。
画像


世界史に出てくるような名前の人がここで眠っているんですねえ〜。

北イタリア旅行の第一目的地、ラヴェンナはモザイクが素晴らしいところでした。
そして、まさかの捻挫事件。私はこの地を忘れることはないでしょう・・・。

つづく
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


北イタリア旅行記 - プロローグ

2013/08/19 18:08
お久しぶりでございます。
ほとんど、旅に行った時しか更新しなくなってきている本ブログではございますが・・・。
せっかくなんで、お付き合いください。

7月後半、今年の休暇は北イタリア(東側)へ行ってまいりました。
ホントのホントのこと言うと、今年はシチリアに行きたいな〜って思っていたのですが、仕事その他の都合で7月以降でないと休暇がとれなさそう、という事になってしまい、その時期のシチリアは暑すぎるだろう、暑い日本から暑いシチリア行かんでも・・・と思いまして、行き先を変更したのでした。

ということで、今回は涼を求めてドロミテ山塊地区(南チロル地方)を旅のハイライトに持ってくることにしました。
フルの旅程は、
ヴェネツィア → ラヴェンナ → ヴェローナ(オペラ鑑賞) → ドロミテ(ボルツァーノ&コルティナ) → ヴェネツィア
飛行機のチケットは往復が便利なんで、ヴェネツィアIN/OUT。
そして、せっかく東側に行くので、以前は行けなかったモザイク芸術が美しい、というラヴェンナへ立ち寄り、
時期的にヴェローナ音楽祭なので、ヴェローナのアレーナでのオペラ鑑賞。
という、おまけつき。

ヴェネツィアは、以前西の北イタリアを巡ったときにせっかく鉄道のフリーパスがあるのでミラノから日帰りで行ったのですが、やっぱりもう一回色々見たい!という事で、旅の最終目的地に決定。

旅っていうのは、プランニングしているときが一番楽しいかもしれません。どこのホテルに泊まろうかな〜、なんて考えながらネットの予約サイトをクリック、クリック!
ちなみに、私はいつも大まかな行程と泊まる場所だけは押さえてしまいます。
「あ、ここ気に入ったから、もう一泊しちゃおー♪」みたいな旅は、ちょっぴり小心者である故、やったことがありません。

それでは、次からは各地のハイライトをご紹介したいと思います。

ちょこっとプレビュー!ドロミテの山だよ!iPhoneで精一杯ズームして撮りました。
山の名前はワカリマセン・・・。

画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


着付け教室

2013/06/16 23:08
こんにちは。梅雨になりました。なめこの栽培もいい感じで進んでおります。
が、なめこの話ばかり続けても皆さん興味ないと思うので、もう少しまともな話をしようと思います。

昨年、思いがけず着物(色無地)を購入してしまった私ですが

その時の話は、こちら↓
キモノ購入ものがたり(前編)
キモノ購入ものがたり(後編)

その後、(仕事の関係で)簿記の勉強をやることになりこれが思ったより大変で、まったく着付を習うところまで手が回りませんでした。
しかし、母から4月の建仁寺(京都)で行われるお茶会には着物を着て参加しよう、と言われていたのでそれまでには着れるようになっていなければ!と思い、慌ててネットで着付け教室を検索して、申し込みをしました。

ということで、3月から着付け教室に通い始めた訳です。
初心者向けのコースで、全8回。
最初は、先生の言っている和服用語が全く分からず(衿先、背中心、その他イロイロ。文字にすると何となく分かるんですが、口頭で言われるとピンとこなくて・・・)、軽くパニックになりながら練習していました。

5月中旬に無事初心者コースを終え、やれやれ、と思ったのもつかの間、次の週からランクアップ講座が始まりました。
とはいえ、初心者コースだけでは、上手に着付けられる所まではやっぱりいかないので、丁度良かったと思います。
いつもは平日の夜に青山教室へ通っているのですが、先日振り替えで銀座教室へ行きました。
先生曰く、「着たら、出かけなきゃダメよー。度胸をつけなきゃ!」ということでレッスンで着付けた後、度胸付けのために教室の入っているビルの下にある某有名ブランドブティックへ入店することになりました。
洋服を着ていても入らないようなブランド店でございますよ・・・。

着物ってただでさえも目立つというのに、普段足を踏み入れる事が滅多にないブティックで、さぞかし挙動不審だったことでしょう。
そんなに広くないフロアをくるっと回って、そそくさと店を後にし、教室へ戻りました。
「もう帰ってきたの!?」と言われてしまいました。
すみません、結構小心者なんで・・・。

その後、せっかくなので写真を撮ってもらいました。

画像


ほぼノーメイク、お許しください。ファンデーションはさすがに塗っています。
着ている着物は、帯セミナーで購入した夏のお召しと夏帯です。
お召し、いいですねえ。
第11代将軍 徳川家斉公が好んだ事から「お召し」という名前がついたそうです。
着心地も良いです!

今年は、完全に着倒れ街道まっしぐらです。
記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


なめこ始めました

2013/05/27 20:21
GWが明け、帰省先から戻って来た職場の先輩が「なめこ始めちゃいました」宣言。
思わず、「えっ。そんなものに手を出しちゃったんですか?」
Σ(゜д゜lll)
と反応してしまいましたが、その先輩も姪御さんに教えてもらってやり始めたのだそうです。
巷でなめこを目にする事は最近増えていましたが、正直、なにが魅力なのか分からなかったのです。
着ぐるみを見ても、うーん・・・って感じで。

また、私はほとんど電子ゲームはしないのですが(目が疲れるから。っていうか「電子ゲーム」って死語!?)、毎日その方がゲットするレアなめこの話を聞いているうちに、段々なめこに興味がわいてきてしまいました。

まさにすり込み。
(影響されやすいだけ、とも言う)

先週は、なめこの絵を描いてしまったし。
あれを描き始めた時点で、なめこの栽培に手を出すのも時間の問題だったのかも知れません。

そして今日の午後、ダウンロードしてしまいましたとさ。

なめこ栽培キットSを。



これは、ジグゾーパズル。何でもあるのねえ・・・。

禁断の実に手を出してしまいました。
ハマったらどうしよう。

初めて見る動くなめこは何だか衝撃的。
上下に小刻みに震えています。

画像

ぷるぷるぷる。最初は一個。

画像

気がつくと、増えてる。

生えてきたなめこを、いつどうやって収穫すれば良いのか分からなくて、画面をしばし見つめていましたが、

「群生しているなめこを見たいのでなければ、もう収穫できる」と言われて早速収穫しました。

さて、どこまで栽培できるでしょうか?
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


スカイツリーに行きました

2013/05/25 20:28
今日は、近くまで出かける用事があったので、足を伸ばしてスカイツリーにやってきました。

画像

今週で一周年ですが、いまだに人ごみがすごいと聞いていたので、何となく敬遠していました。
いつもの行動範囲からも大きく外れているし。

で、初訪問となったわけですが、ソラマチは、普通のショッピングモールという印象。
ところどころ、スカイツリーならではのお土産もありましたけどね。
スカイツリー柄の手ぬぐいが売っていましたが、あれは結構いいかも。
買わなかったけど。(´Д` )

気づいたら、どこにでもあるUNIQLOで商品を物色していました。
(´・Д・)」スマナイネー

聞いた話によると、スカイツリー自身は確かに集客数が多いのですが、地元の商店街にはあまりお金が落ちていないとの事。
あれだけ商業施設がソラマチに揃っていたらそうなっちゃうのも無理はない気がしました。
私も結局あの中で食事をしてしまったし…。
次に行く機会があったら、地元に直接貢献するように、スカイツリー周辺をぷらぷらして、何か買ったりしよう、と思います。

では、最後にライトアップされたカイツリーの写真をどうぞ。
画像

気持玉プリーズ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


目指せ!画伯

2013/05/22 18:45
先日、知人が描いた日本画が入選したというので、上野にある東京都美術館へ行ってきました。
昔の芸術家の描いた作品を鑑賞するのも勿論良いですが、一般の方が描いた絵というのも、とても新鮮で楽しいです。
日本画は、岩絵の具を用いているものが多く色彩も油絵とはかなり違います。
鮮やかなんだけど、ギラギラしていないという感じでしょうか?
全くの素人鑑賞眼ですが。

展示室には結構沢山の作品が展示されていました。
選んでいる題材も、植物、人物、抽象画など様々で、美術館が企画する展覧会とは違う楽しさがあります。

日曜日の昼下がり、アートに浸る贅沢な時間でした。翌日、その影響を受けたのか、ふと描いてしまいました。


なめこを。



画像

10秒で描けた。
なめこの素描です(爆笑)。

その後、ちょっとお洒落させてみたりして


画像

陽気な感じですね。

しかしながら、画伯への道のりは遠そうです。でも、世の中何が起こるかわかりませんからね!

ぽちっと気持玉を押してください!
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


京都マラソン残念ものがたり

2013/05/09 18:19
先日、下のような雅な雰囲気をまとった書類が送付されてきました。

画像


京都マラソンの敢闘証でございますっ。
完走証にあらず。

私の記念すべき初フルマラソンチャレンジは、第7関門(40キロ地点)で時間切れとなりました(ですので、記録は35キロ地点まで。でも、40キロ地点まで進んだんです!)。

画像

ゴール地点の平安神宮をホテルから望む(前日撮影)。ここにゴールするぞ!という気持ち満々ではあったのでしたが・・・。

京都入りしたレースの前日は、すっかり春めいていて快適な天気でしたのに、当日は朝からどんより・・・。
しかもお昼前には雨も降るらしい・・・。
不覚にも雨の用意を怠っていた私は、半袖シャツ+アームカバーの疑似長袖ルックでレース参加。
これが、敗因のひとつであったことは間違いないように思います。

さらに、約1か月前に右ひざ負傷、その後痛みを押してハーフマラソン出場、そしてモーリシャス出張・・・などなど、今から思い返してもスケジュールがぱつんぱつん過ぎました。
(この他にも簿記検定試験とか、あったしなー。これは、なんとか合格)

私は、申し込み時に申告時間を制限時間ギリギリの「6時間」としたこともあり、割り振られたスタートブロックは一番最後。
これも敗因のひとつ。
┐(´-`)┌ 制限時間って、スタート時刻からカウントされるんですよね〜。でも、一番最後のブロックにいる人がスタート時点に到着するのってピストルが鳴ってから10分後ぐらいだったりするんです。
知らなかったモン・・・。

こんな調子で、初心者ならではの至らぬ点だらけでスタートしたレースでしたが、今までのどのレースよりも応援の方々が沢山いたおかげで、気持ちがどんどん高揚していきました。
撮影カメラが見当たると、手を振っちゃったりして(笑)。
42.195kmという長丁場だから、ゆっくり行こうか〜〜、と思いながら悠長にやってたのですが12キロ地点(龍安寺付近)ぐらいから、とうとう雨が降り出してきてしまいました。

雨が降る→体がぬれる→同時に、気温も下がる→体が動かなくなる・・・
というパターンを、体を持って実感いたしました。
また、膝の痛みのせいもあってペースも終始のろかったです。レース中の60%以上は、競歩のような感じでした。
かなり限界に近い状態だったのですが、自分でも驚くほどの根性を振り絞って進み続けました。
なんか、自分からリタイヤするのはもったいない気がして・・・。

しかし、最後の関門で無念の時間切れ。その後、バスに収容され(というか自分でバスまで歩くんですけどね)しばらく待機の後、(冷えた体にはこれが一番つらかった!)ゴール地点まで搬送されました。

体的には完全燃焼、しかし気持ち的には不完全燃焼で終わった初フルマラソンでございました。
来シーズンには絶対完走をしたいです。でも、完走を目指すのなら平坦なコースをとりあえずは選択してみようかな、と思ったりもします。
京都マラソンは、上り坂も多く、かつ折り返しも多くて、なかなか難易度が高かったのではないかと思います。

マラソン後、足の痛みがどーん!と出てきてしまいまして、現在はゆっくりリハビリ中ではありますが既に次に出場予定のマラソンは決まっております。
ハーフですけど。

お勧めのフルマラソンコースあったら、ご一報くださいませ!

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


Mauritius番外編

2013/04/24 09:02
画像

今回の100% Club in Mauritiusには、なんとカメラマンも同行していました。
終始リラックスムードの漂う中、黙々と写真を取り続ける人がいて、あれ?とは思っていたのです。
ファッションもちょっとアキバ系だし。
チェック柄のシャツにリュック。
これ定番。
彼はお仕事だったのですね。
確かに良い写真を沢山撮っていました。プロは違います。
ここではご紹介できなくて残念です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Mauritius行ってきました その3

2013/04/09 18:02
またまたアップデートを怠ってしまいました。
気が付けば、Mauritiusから帰ってきてから、はや36日経過。
しかし、足にしっかりついた日焼けの跡を見るたびに、思い出はよみがえります。シーカヤックの思い出ね。

画像

今は、もう少し薄くなりましたが・・・。

帰る日の前の晩は、ホテルが所有するIl aux cerfという美しい島でClosing Dinnerが企画されており、参加者は船で島まで移動するのですが、道すがらなんと海賊船が登場!

画像


あらーすてき。アフリカで海賊に会うなんて、なんだかリアルな展開!?

そうこうしている間に船は島に到着。上陸するとカクテルを手渡されると同時に、東急ハンズで売られているような仮装セットが山のように置いてあるテーブルのところに連れて行かれ、仮装することに。
そして気が付くとフェイスペインティングもされちゃったりして・・・

画像


私だけじゃないのよ。みんな仮装したのよ。

画像


そして、やっとディナーにありつけました。
モーリシャスは、50%がヒンズー教徒だからなのか、食事にラム肉が登場する事が非常に多かったです。
この日も、ほら。

画像


楽しいDinnerはあっという間に終わり、翌日は帰途につきました。
思っていたより疲れていたようで、帰宅後まもなく発熱(苦笑)。
しかし、そう簡単に行けるところではありませんし(しかも出張扱いで!)、よい思い出になりそうです。

気持ち玉ぽちっとプリーズ!
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


Mauritius 行ってきました。その2

2013/03/09 17:08
画像

滞在していたホテルの朝食のビュッフェで発見して嬉しかったもの。

----
パッションフルーツです。
人生二度目の、生パッションフルーツ
「わーい」と喜びながらスプーンですくって食べながら、ふと横をみると、10個近くお皿に盛って食べている男性発見。
よっぽど好きなんですねえ。でも、何でも食べ過ぎはよくないと思うけど。
(´・Д・)」

あとは、クレープを目の前で焼いてくれるサービスもありました。美味しかったわ〜。
モーリシャス名産の様々な砂糖を選んでかけて頂くことができ、ローカルな気分を味わって楽しみました。

あと、名産と言えばラム酒です。
島の南部を回るツアーでは、ラム酒の醸造所へ行き、作り方の説明を受けました。今は収穫期ではないので残念ながら実際に作っているところは見れなかったのですが、作業場は見学する事が出来ました。

そして、試飲タイム。
----
バニラ、コーヒー、ココナッツ、様々なフレーバーがありました。しかし、何と言ってもアルコール度数が高い!(40度以上)
試飲すると、カァー、と喉が熱くなりましたょ。
ああ、何だか昼からいい気分。
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*
私は、コーヒーとココナッツを試飲しましたが、コーヒーフレーバーのものが意外と気に入りました。
食事の後にキュッと行くのがいいですね。

これ、お土産に買って帰ろうかなあ、なんて思う頃にはすっかりモーリシャスが気に入っているのでした。

つづく。
気持ち玉をポチッとお願いします♪
コメントもウェルカムです!

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


Mauritius行ってきました その1

2013/03/08 20:55
画像

----
実は先週、会社のイベントでモーリシャスへいっていました。
モーリシャスは、インド洋に面した、アフリカ大陸の近くにある島です。
最初にこの件について話があった時、一生懸命地図を調べました。遠い!
なので、思わず開口一番「それって行かないといけないんでしょうか?」と言ってしまった。
ずいぶん迷ったのですが、かなり貴重な機会である事は間違いないので、行くことにしたのでした。
行きも帰りもエミレーツ航空を使い、ドバイで乗り換え。
行は待ち時間も含めて24時間くらいかかりました。
ようやく到着して見えた景色は… 海、さとうきび畑…。

画像


ここは沖縄!?(笑)と思うような感じでした。
もちろん異なる点も沢山ありました。ヒンズー教のお寺があちこちにありました。
前にも言ったかもしれませんが、私はヒンドゥー教の神様の顔をみるとなんだか落ち着きません。
目が大きいし、こっちをじっと見てるし、色も人間からかけ離れているし(ピンクとか緑とか青とか・・・)。

画像

ヒンズー教のお寺。神々の像が全て建物の外にあるのが特徴なんだとか。


モーリシャス滞在の間の時間の過ごし方は、昼間はマリンスポーツや観光ツアーに参加、もしくはホテルでゆっくりと。
ホテルにはプライベートビーチがいくつもあり、とても素敵なところでした。
ですが、やっぱりアクティビティもしたい!
ということで、予め申し込んでいたシーカヤックに初挑戦。



画像

----
シーカヤックって、水にずいぶん近い位置なのね…。というのが、まず感じた事(^^;;
事前知識なさすぎです。やりたくて申し込んだくせに(苦笑)。
そして、漕ぎ方もよくわからず、何故か他の人達と違う方向に流される私達のカヤック。あ〜れ〜。助けて〜。
ヽ(;▽;)ノ 5分程流されていると、ガイドの人が助けにきてくれてレッカー移動されて皆に合流しました。
2人乗りカヤックってやつは、後ろには馬力のある人が乗るのがいいんですね。女性2人だとなかなか厳しいものがありました。風があるとそちらにどんどん流されていってしまいます。

更に、よせばいいのにiPhoneを携帯してカヤックに乗り込んだ私は、絶対にひっくり返るまい、とものすごい気合で漕ぎ続けました。
上の写真は、休憩時間に頑張って撮ったものです。
マングローブが沢山ありました。マングローブの生態についてお話を聞いているところです。

海、さとうきび畑、マングローブ…。やっぱり沖縄!?

んなわけないか。
まだまだ続きます!ぽちっと気持玉をお願いします
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


赤羽ハーフマラソン

2013/02/19 18:13
去る2/10に赤羽ハーフマラソンに参加してまいりました。
足をその1週間前に負傷したにもかかわらず(速く走りすぎたのか、ひざの外側が痛くなった)、ど根性!で参加しました。

最寄駅は南北線の赤羽岩淵駅。ここから徒歩7-8分でスタート/ゴール地点である荒川の河川敷に到着します。
事前にゼッケンと記録計測用のチップが郵送されてきていたので、当日の受付は無し。これはありがたいですね〜。無駄に早く行く必要ありませんから。
今回は、お天気が良かったのですが、悪天候の場合河原でスタート時刻を1時間以上も待つ事になったら、こごえてしまいますものね!

会場に到着後は更衣室(テント)で着替えたのですが、これがイモ洗い状態ですごいことになっていました。
私の新しいランニングシューズはこの時に誰かに踏まれて泥がついてしまった (T-T)。。

激混みの更衣室で着替えた後、トイレに並ぶこと・・・15分ほど。あっという間にスタート時刻になりました。
申告タイム別にスタート地点に並ぶのですが、圧倒的に2時間以上の人が多かったように思います。もちろん

私もここに並びました。へへ。

走る人数が多く、ペースはかなりスロー。でも、負傷気味の私の足にはちょうど良かったのかも。。なんて思いつ
つ、走っているとどうしても前へ、前へ、と足が行ってしまいました。ゆっくりペースを前半からキープするって大変
ですね。。
ここで頑張りすぎちゃうと後に足が本当に痛くなってしまうんですけど(-_-;)

で、やっぱり12-3キロを過ぎたあたりから、かなり足の付け根(外側)やもともと痛めていた右ひざ(これも、外側
)が痛くなってきました。

あと、どんどん気温も上がってきてかなり暑さを感じていたので息苦しもなってきたような。。。
給水所が本当にオアシスのようでしたが、たった3つしか無くて最後は集中力を無くしてしまいました。
もう1個欲しかった。
河原を走るのって、応援もほとんどいないし、まさに自分との闘いって感じでした。

終了後は、500mlのペットボトルをすぐに飲み干してしまいました。普段はそんなに飲めないのに。
それだけのどが渇いていたってことなんですね。
次からは、自分で水分を携帯しよう!と心に決め、数日後ネットでぽちっとボトルバッグを購入してしまいました。(゜m゜)

次は、フルマラソンに初挑戦!本当のところ、まだ実力不足ではあるのですが、抽選に当たってしまったのでこ
の機会を逃せなかった!貧乏根性丸出し(笑)。でも、頑張って完走を目指します。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

はしこの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる